診療案内

当院では最新の医学的根拠に基づいた
治療法の提供を心掛けています。

エビデンス、すなわち、”科学的根拠に基づく医療” で、あなたの健康をサポートします。

エビデンスに基づく診療
(Evidence Based Medicine, EBM)とは?

「根拠(エビデンス)に基づく医療」(英語ではevidence-based medicine、略してEBM)とは、最良の「根拠」を思慮深く活用する医療のことです。EBMは、単に研究結果やデータだけを頼りにするものではなく、「最良の根拠」と「医療者の経験」、そして「患者の価値観」を統合して、患者さんにとってより良い医療を目指そうとするものです。

エビデンスに基づく診療は、医学的研究やデータに基づいて治療法や診断方法を選択するアプローチです。これにより、効果的で安全な治療を提供し、患者さんの健康を最大限に支援します。

引用 https://www.ejim.ncgg.go.jp/public/hint2/c03.html

診療内容

エビデンスに基づく診療とCommon diseases*

当院では、エビデンスに基づく診療を実践しています。これは医学的研究やデータに基づいて治療法や診断方法を選択するアプローチです。これにより、効果的で安全な治療を提供し、患者さんの健康を最大限に支援します。

総合内科の知見をこのアプローチに生かし、特に高血圧、糖尿病、生活習慣病の診療に力を入れています。

*日常診療で最もよくみられる疾患のことをcommon diseasesといいます。

総合内科・一般内科診療

院長は「日本内科学会認定 総合内科専門医」「日本消化器病学会専門医」「日本消化器内視鏡学会専門医」「日本肝臓学会専門医」「日本プライマリケア連合学会認定医」「がん治療認定医」の資格を有しています。内科全般の相談をお寄せください。

「がん治療認定医」の資格を有しています。内科全般の相談をお寄せください。
また、ほかの医療機関で各種検診・健診を受けられたあと、その結果の解釈についてもご相談ください。

消化器疾患

当院では、食道・胃と大腸の診療と内視鏡検査、肝疾患の診療も担っています。

胃と大腸の病気の診断のため、当院では内視鏡検査ができる体制を整えています。通常の内視鏡検査に加えて、拡大内視鏡検査、特殊光検査を併用することで、質の高い内視鏡診療を心掛けています。

消化器疾患として、ヘリコバクターピロリ菌による慢性胃炎を中心に、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープ、炎症性腸疾患などを診療しています

高血圧治療

高血圧治療には様々な薬物がありますが、我々は最新の臨床試験結果に基づいて最も効果的な薬を選択します。

がん治療

がん治療において、最新の臨床試験に基づいた治療法を選択し、患者さんの生活の質を最大化するサポートを行います。

肝疾患

ウイルス性肝炎やアルコール性肝障害、脂肪肝など肝疾患の診療も実践しています。定期的な血液検査や腹部超音波検査などで肝疾患の診療を支援しています。B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスに感染していないかご心配な方もどうぞご相談ください。

自由診療

予防接種、健康診断、点滴など、各種診察が可能です。